カホン座談会 大阪2016.8.7.

カホンプロジェクト

手づくりカホンプロジェクトは、
日本のスギやヒノキの間伐材を

使ってカホンというペルー発祥の箱型の打楽器の手作りワークショップを通じてものづくり、
音楽の楽しさと森林のことを

知っていただく活動を

全国各地でおこなっています。

家具作家でありカホン製作者の宮下昌久です。普段は注文家具や特注家具を手がけています。
 2007年に知り合ったインディーズミュージシャンをきっかけにカホンと言う楽器を知り作りたい欲求にかられ試行錯誤しながらカホンを作っています。
 市販されてるカホンの色気の無さを残念に感じ美しいカホンを作るをもっとうにしてます。四角く無くていいやんって思って変形カホンを作ったり、一般の方にも手軽にカホンに触れて欲しいので小型カホンを作っています。

宮下昌久

カホン提供歴

伊藤弘 (カケラバンク)、ヒロ (→Pia-no-jaC←)、豊田邦宏、宮腰渉、堂地誠人、延命寺祐樹

beating

beatingはものづくりの街、東京都大田区に工房を構える木製打楽器メーカーです。

 

工房では以前から高級オーディオ用

スピーカーの試作開発を数多く手がけてきました。

 

その経験と技術はカホンの設計においても

音作り&デザインの面で随所に活かされています。

c5
c3
c1
cc
cb
logo_black